もやもや探検コーチング感想


もやもや探検コーチ養成すくーるに参加しようと思ったきっかけは?

 子供がいるんですけど、子育てで、育児ノイローゼみたいになってしまって、子供との信頼関係もうまくできない、構築できないし、子供に対してもイライラとか苦手意識が抑えられなーい!ってなって、


で、そこからやっぱり自己肯定感が低かったのもあって、全部、原因は私のせいだっていうのになったり、なにか、ケンカとか、泣いたりするたびにも、自分がなんか批判されてるみたいに感じてすっごく辛かったんですよね、毎日。そういう状態が、けっこうずっと続いてて…で、もう誰か助けてーっていう状態でした。

 

子供は、今、5年生なんですけど、なんかうまくいかなくなったのは、もう幼稚園の時から。

 


もやもや歴はどのぐらい?

長いです!だいぶ…笑


るんさんのブログとかを拝見してて、「人生楽しんだってええんやで」って言葉があったんですけど、それがすごく心に響いて、「私もほんとは人生楽しみたい!」っていうのがすごくあって、もやもや探検に入りました。

もやもや探検コーチ養成すくーるに参加する前の心の状態は?

負のスパイラルで、抜け出せない。この状態が嫌だし変わりたいけど、

 

いろんな方法を試したりいろんな本も読んだけど、で、自分次第っていうのも、とってもわかるんだけど、それができない状態でした。
本当はとっても愛情深く、大好きってニコニコして接したいのに苦手意識が出たり、なんか拒絶反応が出たりっていう感じで…

自分の心とは反対の接し方になっちゃってるっていう感じですね。

もやもや探検コーチングを受けだして、自分で実践するようになってどうですか?やってみてどうでした?

 

茶優里:やってみて、なんかけっこう、

そうですね、周りの子供が

イライラしてたりとかっていうのも

 

全部受けて自分もイライラしたり…

「こうしなきゃいけない」っていう固定概念とか

「こうやって育てなきゃいけない」っていうのが
わたし、自分でガチガチになってたんだなーっていうのに、

 

改めてすごく気づきました。

 


で、自分の、自分の心というか、自分の声を聴くっていう。
自分が決めていいんだ」っていうのに、

軽くなりました。

 

それに気づくことができました。

 

 


るん:もやもや探検に出会って一番うれしかったことはなんですか?

 


茶優里:うーん…自分が楽しくなりました!

自分でいることが楽しくなったっていう感じです。

 


るん:おお、すごい!例えば?

 


茶優里:例えば、今までいろんなことをするにも

「これがみんなにとっていいから」とか

「これが便利だから」とかっていう選択の仕方だったんですけど


「自分はこれがしたい」っていう自分の気持ちで、

自分で選ぶ楽しさっていうのが、

意識的にもてるようになったので楽しくなりました。

 

 


るん:よかったです。


茶優里さんは、じゃあ今子供さんとの関係はどうですか?
前より楽になりました?

 


茶優里:そうですね。

最終的にわたしの中で、

「仲良く楽しく笑っていたい」っていうのが

一番っていうことに気が付いたので
 

じゃあ今どうしたいかな?っていうので

落ち着いて考えられるようになりました。
 

だから、うーん前みたいなイライラはなくなりましたね。

 


るん:うん、なるほど。よかったです♪
 

もし茶優里さんがもやもや探検コーチ養成すくーるに入ってなかったとしたら
どんな状態だったと想像できますか?

 


茶優里:笑 こわ!笑

 


るん:

 


茶優里:はい。えっと、そうですね、

まあ負のスパイラルから抜けられてない。
まだ「助けてー」って、

 

「わたしどうしたらいいんだろう…」っていう

八方塞がりな感じだったと思います。

 


るん:うーん…よかったです、出会って。ね♪

 


茶優里:よかったです。

 


るん:はい。じゃあ最後に、

茶優里さんのこれからの夢を教えてください。

 


茶優里:これからの夢…日本茶が好きなので、

急須を持って日本全国とか世界とかをまわったり、
家族で楽しく笑顔で過ごす時間をたくさん持ちたいなと思います。

 

 


るん:はい。ありがとうございます。
あっ、もういっこ最後に!
じゃあ今もやもやしてる人に…


なにかこう、もやもや探検のオススメの言葉があればぜひお願いします。

 


茶優里:「あなたのもやもやにもかならず宝があるから、一緒に探していきましょう!」

 

 


るん:はい♪ありがとうございました。

自分へのスパルタ卒業!宇宙のメッセージを受け取れるミラクル体質に♪

ネイルサロン経営者 ぴーちゃん

 

 

教師を辞職。繊細さを受け入れ、表現の世界・演劇の道へ。

教師いのさん

 

Before〜すくーるを受ける前〜

自分自身が集団が向いてないのに、集団に合わせましょうと伝える仕事がしんどくて、以前、教師をやめようとしたけど、不安が襲ってきてできなかった。

 

After〜すくーるを受けてから〜

職場が合わないっていう心の声も、聞いてもいい!と思え、ものすごい不安に襲われることもなくなって、辞職。演劇の道へ。

自分の繊細さを受け入れられるようになって、楽な状態でいるように心掛けられるようになった。

負のオーラから、自分の心優先で生きられるようになった♪

芸能事務所勤務 みほさん

 

Before〜すくーるを受ける前〜

昨年末までやっていた仕事が、あまりにも、自分と合わなくて、会社にいると気持ち悪くなったり、電車乗ってる時に、やだなって思ったり、何も考えられないっていうか。忙しいことで、自分の声なんて聞いてもいないし、

かつ、ネガティブな感じ。

 

After〜すくーるを受けてから〜